セッションをしていて            こんなお悩みはありませんか?

 

・ 資格をとって、セッションを始めたはいいけど、

           これでいいのか、と実は自信がない。

 

・立場的に、自分の不安に思っていることや、心配事、

        弱さを話すことができず、実は心が不安定。

 

・ 他のセラピストやコーチ、〇〇の先生という

  自分と同じ職業、ビジネスをやっている人のSNSを見ては、  

  比べてしまって落ち込んでいる。

 

・ 実は、自己肯定感が低い。

 

・ クライアントさんとはうまくいっていると思っていたのに、急な契約解除でびっくりしてしまった。

  何がいけなかったのだろう・・・

 

・ セッション開始後、しばらく経ってから実は精神科医療にかかっていると聞いて、あの支援でよかったのだろうか?

  と悩んでしまい、怖くなった。

 

セッションで、こんなクライアントさんに 出会ってしまった経験はありませんか?

 

・ 激しいクライアントさんが来てしまい、何をどう支援したらいいかお手上げ。

→ 深刻な対人トラブル、金銭トラブルでストレスが相当高い

→ 激しい  ” マシンガントーク ” で口を挟めない。

→ 強固なネガティブさで、どんな問いかけも歯が立たない。

→ やると言いながらやってきたことがない。

→ パワハラ・モラハラなどで思考停止している。

 

→ 自傷行為がある。

Supervision-スーパービジョンとは

Supervision - スーパービジョンとは、

 

〇〇セラピスト、〇〇カウンセラー、〇〇の先生、〇〇のコーチが立ち止まり、

ご自身のセッションを見直す時間になります。

 

実際に具体的な理論や技術を手取り足取り教わっていくというよりも、

あなたが既に行われているセッションを元に、あなたの盲点やバイアスになっている部分をご指摘したり、

セッションの中で起きたことを客観的にみながら、成長を促します。

 

自分の盲点やバイアスになっている部分や、

自分がどのような反応をクライアントに対して起こしているかを、振り返る機会がほとんど無いまま経験を積んでしまうと、

独りよがりになったり、無理したセッションを行ってしまう可能性が増えてしまいます。

 

ちなみに、グループセッションの場合、他のセラピストやカウンセラー、コーチのケースから、

自分が担当していないクライアント層の状況や介入方法を学ぶことも出来るため、

色んなセラピストのやり方やクライアントの話に触れることができたり、

自分に合うアプローチやクライアントの相談内容などがはっきり分かってきたりと、

さまざまな利点があるためとても素晴らしいトレーニング経験となります。

1. バウンダリーを知る。
お仕事を始められた理由が
「人のためになりたい!」と自分よりも他人を優先しがちな傾向を持つ方が多いこの職業。
ただ、助けを必要とする人たちと深く関わっていくこの職業においては、
この自己犠牲の精神はとても危険なものとなります。

自分が働きすぎていないか、

どこからどこまでが自分の責任範囲なのか、

最低限何ができていれば十分なケアと言えるのか…。

 

これらのことは、実際に、スーパービジョンで具体的に学んでいくことでしか理解できない場合もあります。

基準がはっきり分からないと、自分のしていることが十分なのか疑心暗鬼になっていくことも。

その結果、無理しすぎてバーンアウトを起こしてしまったり、

多量の本やセミナーに過剰なほどのめり込んでしまったりする可能性もあるかもしれません。

 
 

2. 不安や弱さを受け止めてくれる受け皿が無い。

セラピスト、カウンセラー、先生、コーチと言えども、人の子。感情があり、それぞれの人生があります。
ですが、立場上、自分の不安や、弱さなどがだせず、気持ちが不安定、という方を多くみてきました。
他人の人生に介入するのは責任のあること。
そこには大きな不安や恐怖、何かあった時にどうすれば?
これでいいのだろうか、という自身に感じる慢性的な不足感も。
そう思いながら一人でやっていくのは、心細いですよね。
そんな時に、状況を順を追ってしっかり相談しあえる、あなたのコーチがいるのといないのとでは大違いです。
このような難しい状況へのサポートの有無が、あなた自身のバーンアウト率を減らし、
やクライアントさんのケアの質をより向上させていくことができます。
 
 

3 隣の人に酸素マスクを着けてあげる前に、まずは自分に

スーパービジョンという、セラピスト、カウンセラー、先生、コーチの

不安を受け止める受け皿があることはこの職業には必要不可欠。

 

私が住むオーストラリアは、ウェルビーイングの先進国です。

 

「 隣の人に酸素マスクをつけてあげる前にまずは自分に 」という飛行機の緊急事態時の案内は、

個人個人のウェルビーイング、心のケアにも当てはまります。

クライアントさんの心のケア、成長支援に関わる人の不安へのケアが

まず十分に満たされることが、

クライアントさんとよりよい関係を築き、

よりあなたらしいセッションができるようになります。

 

 

*ウェルビーイングとは、ただ、健康というだけでなく心も身体も、そして社会的にも満たされていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

HAPPYな あなた= Happy クライアント

スーパービジョン 体験セッション

  

 ◆こんな方に最適のセッションです。

 

すでにお仕事を始められている、セラピストやコーチ、〇〇の先生向け

 

 

 ☑ 資格をとって、セッションを始めたはいいけど、これでいいのか、と実は自信がない。

 

☑ 立場的に、自分の不安に思っていることや、心配事、弱さを話すことができず、実は心が不安定。

 

☑ 他のセラピストやコーチ、〇〇の先生という自分と同じ職業、ビジネスをやっている人のSNSを見ては、  

  比べてしまって落ち込んでいる。

 

☑ 実は、自己肯定感が低い。

 

☑ クライアントさんとはうまくいっていると思っていたのに、急な契約解除でびっくりしてしまった。

  何がいけなかったのだろう・・・

 

☑ セッション開始後、しばらく経ってから実は精神科医療にかかっていると聞いて、あの支援でよかったのだろうか?

  と悩んでしまい、怖くなった。

 

 


また、セッションで、こんなクライアントさんに出会ってしまった経験はありませんか?

 

・ 激しいクライアントさんが来てしまい、何をどう支援したらいいかお手上げ。

→ 深刻な対人トラブル、金銭トラブルでストレスが相当高い

→ 激しい  ” マシンガントーク ” で口を挟めない。

→ 強固なネガティブさで、どんな問いかけも歯が立たない。

 

 

 

 

 ◆セッションを受けるとどうなるの? 

  

☑ 今行われているあなたのセッションを元に、あなた自身の思考の整理ができるので、心がふぅっと軽くなります。

☑ ストレスが軽くなります。

☑ クライアントさんに対して受け皿が増え、もっと優しくなれます。

☑ 人間関係やあらゆるストレスの元になる【 思考 】を変えていきます。

☑    毎日の生活に良い習慣が生まれます。

☑  自分の時間を作り出す方法を知ることができます。

☑  あなたに合ったストレス発散方法を見いだすことができます。

☑ あなたのセッション、お仕事に自信出てきます。

☑ ポジティブになれます。

 

 

あなた自身が幸せになれる思考回路ができると

心の豊かさが増えます。
その事によって、あなたのクライアントさんも今まで以上にハッピーに!

 

 

 

マインドシフト ライフコーチReinaが、

じっくり丁寧にお話しをお聞きしながら、オンラインにてスーパービジョンセッションを行います。

 

 

 私たち人間の脳は、

現状維持が本来楽であることを既に知っているので、

スーパービジョン セッションで、
1人ではできない
コーチの目を入れることによって、

あなたのマインドのエラーを整理していきましょう。

 

 

1回のセッションで、あなた自身のセッションの整理、

思考回路を変えていくヒントやコツが掴めるはずです。

 

 

ですが、その思考を継続することも難しいので、

定期的にセッションを受け、思考のリフレッシュをされることをお勧めします。

 

 

 

【日程】

 お申込みの際に、ご希望の日時を第3希望までご記入ください。

その後、こちらの日程調整をして、確定日時をお知らせします。

 

 

【セッション方法】

ZOOMで行います。

 

 

60分1回セッション
SNS(インスタグラム・FACEBOOK)でタグ付け、

@ メンション 可能な方に限り、こちらの特別価格にてご提供します。



定期的にご希望の方は、
定期スーパービジョンのコースのご利用をお願いいたします。

 

 

 

¥50,000

¥9,800